意外に侮れない、 春の紫外線。

春先から増え始める紫外線量。

春の訪れを感じる季節となり、穏やかな気候につい油断しがちですが、実は3月から5月にかけ紫外線量は増え始めています。
同時に、春の肌は乾燥しやすく、気候の変化や花粉などによるストレスなどにさらされ不安定。紫外線への耐性も弱い状態です。紫外線の影響は肌表面を黒くしたりシミをつくるだけでなく、肌の奥深くに浸透して蓄積し、老化を加速させます。
春先のこの時期から、肌老化の大きな原因となる紫外線からしっかり肌を守ることが大切になります。

紫外線の月別推移

[UV-A][UV-B]*が 肌に与えるダメージ

UV-A シワ・たるみなど

真皮層まで到達し、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン
などに損傷を与えるため、シワやたるみの原因となります。

肌断面イメージ図
UV-B 肌が黒くなる・しみ・炎症・乾燥→ニキビ・敏感など

表皮基底層まで到達し、細胞を傷つけ炎症を起こしたり、シミ
やカサつきの原因となります。

肌断面イメージ図

SPFとPAの見方

SPF/[UV-B]の防止効果を表したもの

何も塗らない場合に比べてUVB波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しています。数値が大きい方がUVB波に対する防御効果が高いことを表します。

SPFの数値単位
PA/[UV-A]の防止効果を表したもの

+の数がUV-Aに対する効果の高さを示します。
4段階あり、下記のように設定されています。

PAの段階

紫外線から肌を守るモイスティーヌの[UVケア]

プロテクトUV/UVヴェール
プロテクトUV/UVヴェール

知らず知らずのうちに紫外線にさらされている肌。そんな無防備な肌を[プロテクトUV]と[UVヴェール]は、しっかり紫外線から守ります。むらなく肌へなじみながら、感触も心地よく、暑くなるこれからの季節にも重たさを感じません。使用感の好みや使用部位、使用シーンなどに応じて2つのタイプを使い分けていただくと便利です。

プラス
UVケアだけじゃない。 美容成分にもこだわり。 保湿・抗炎症

モイスティーヌのUVケアは、紫外線から肌を守るだけではありません。保湿や抗炎症の働きがある美容成分を配合。肌の潤いを保ち、肌荒れを防ぐこと、それは肌のバリア機能を正常化し、健やかな肌を保つことにつながります。

バリア機能が低下している肌/健やかな肌

しっかり保湿しながら、UVケア

日やけ止めクリーム/プロテクトUV
日やけ止めクリーム/プロテクトUV
高保湿・抗炎症
日やけ止めクリーム/プロテクトUV

皮脂や毛穴を ケアしながら、UVケア

日やけ止め乳液/UVヴェール
日やけ止め乳液/UVヴェール
保湿・皮脂抑制・毛穴ケア・抗炎症
日やけ止め乳液/UVヴェール
5年後、10年後の肌も、透明感と潤いに満ちた肌であるために
モイスティーヌで、「春のUVケア」はじめてみませんか

TOPに戻る

page topへ

0120‐4879-39

9:30~17:30(土・日・祝日を除く)